それは落ちつきのない瞬間。
彼女は頭を低く保ち、
彼に近づくチャンスを与える。
でも彼には勇気がなく、そうすることができない。
彼女は振り返って歩き去る。

あの時代は過ぎ去ったまま。
当時の者はもう誰もいない。

彼は消え去ったあの歳月を思い出す。
ほこりまみれの窓ガラスを通して見るように、
過去を見ることはできるが、触ることはできない。
そして見えるものすべてはにじみ、ぼやけている。

| Back | Home |

.