ストーリー

1962年、香港。新聞社の編集者であるミスター・チャウ(トニー・レオン)はホテルの受付をしている妻と一緒に住むため、部屋を借りる。彼とミセス・チャン(マギー・チャン)が同じ日にスーエン夫人のアパートに配偶者の手助けなしに引越ししてきたのは、全くの偶然だった。ミセス・チャンは貿易会社の社長であるミスター・ホー(ライ・チン)の秘書として働いている。チョウの妻は引越しの間、ホテルで勤務中。日系企業に勤務し、海外にいることが多いチャンの夫は出張で不在だった。陽気で親切な家主がいるにもかかわらず、ミスター・チャウとミセス・チャンはそれぞれの部屋で一人ぼっちであることが多く、孤独を感じる。

いつから始まったのか不明だが、ミスター・チャウとミセス・チャンは互いの伴侶が不倫をしていることを知り、ショックを受ける。傷つき、そして不倫の真相を知りたいと思ったミスター・チャウは、ミセス・チャンと一緒に過ごすための口実を作り、相手と対立した際どう対処するか、二人でリハーサルを始める。ミスター・チャウは自分の担当している武道シリーズの記事の手伝いをミセス・チャンに依頼する。二人は慎重に会っていたが、周囲の人々が気づき始める。この二人が不倫へと進展するようには見えなかった。しかし、ミセス・チャンの感情的な抑制がミスター・チャウにつきまとい始め、彼は自分の気持ちが変化していくことに気がつく。まさに恋に落ちたかのようだった。

四年後、シンガポール駐在の記者となったチャウは、仕事でカンボジアを訪れた際、誰にも知られたくない秘密を打ち明ける方法を語った昔話を思い出す。

| Back | Home |